Guiding Ireland (ガイディング・アイルランド) ロゴマーク
聖バレンタイン

聖バレンタインの伝説

愛の聖人として知られる聖バレンタインは、3世紀ローマの司祭でした。古代ローマでは、春祭りの前夜2月14日に、女性の名が書かれた紙を、男性が壷から引くという風習があり、それによって多くのカップルが誕生していました。ところが、結婚や愛が、男性が戦場に行くのを拒む原因となると考えた暴君が、男女の交際と結婚を法によって禁じてしまいます。司祭バレンタインは、多くの恋人同士が愛を貫くのを、命をかけて守り、殉教しました。

聖バレンタインの聖遺物は、現在ダブリン市内の「ホワイトフライア通りの聖母マリア教会」に安置されています。19世紀に、この教会を建てたアイルランド人宣教師の洗練潔白な行いを記念して、ローマ法王より正式に贈られたものです。

聖バレンタインの伝説