Guiding Ireland (ガイディング・アイルランド) ロゴマーク
アイルランド西部

10万回のようこそ! ゲールタクト・アラン諸島へ

10万回のようこそ!

アイルランドは、2つの公用語を持つ国です。正式な第1公用語はアイルランド語(ゲール語)、イギリスから伝えられた英語は第2公用語です。100パーセント英語で生活が出来ますが、母国語としてのアイルランド語を継承していくため、義務教育で子供たちに教え、アイルランド語新聞、アイルランド語放送のテレビ局などを通して、普及に努めています。

アイルランド語は、英語の倍の200万の単語数を持つ表現力豊かな言語。旅行中、「ケード ミーラ フォールチャ (Cead mile failte) !」と声をかけられたら、「ようこそ!」の意。これは、直訳すると、「10万回のようこそ!」というしゃれた表現なのです。

高さ90メートルの断崖絶壁ドゥーン・エンガス

アイルランド語を日常的に使用している人は、全人口の2パーセントほどで、その地域は“ゲールタクト”と呼ばれています。西海岸に浮かぶ石灰岩の島、アラン諸島もゲールタクトにあたり、言語と昔ながらの文化を継承する地として、大切にされています。この島にゆっくり滞在して、土地の人の言葉に耳を澄ましてみてください。不思議な呪文のような響きが、哀愁漂う西の島になんともしっくりくるのです。
 

西部のおすすめアトラクション

観光

  • ゴールウェイ (Galway City)
  • 西海岸の中心、若者に人気の活気溢れる町。石造りの古い建物が軒を連ねる旧市街は歩行者天国となっており、かつての港町らしい風情を残している。クラダリングの発祥地、コロンブスが新大陸航海の際に立ち寄った聖ニコラス教会、故ケネディ元大統領が演説をしたエア・スクエアなど、数々の逸話にも事欠かない。夏場には、アート・フェスティバル、ゴールウェイ・レース(競馬)、オイスター・フェスティバルなど、お祭りで賑わう。ゴールウェイ・オイスターとして知られる“平牡蠣”は、一年中、食べられる。

  • アラン諸島 (Aran Islands, Co. Galway)
  • イニシュモア、イニシュマン、イニシアの3つの島からなる。本土からのフェリー&飛行機の便が便利なこともあり、一番大きな島イニシュモアを中心に、夏場は観光客で賑わう。カラハと呼ばれる独特のボートで漁をして生計を立ててきた伝統があり、フィッシャー・マン・セーターとして知られるアラン・セーターは、この島が発祥地とされる。高さ90メートルの断崖絶壁、イニシュモアのドゥーン・エンガスは必見。アイルランド語(ゲール語)が日常的に使用されている、ゲールタクトでもある。

  • コネマラ国立公園 (Connemara National Park, Co Galway)
  • 入り組んだ海岸線と無数にある湖が幻想的な風景を作り出しているコネマラ地方。トゥエルブ・ピンズ山脈の4つの山、山頂が鋭くとがったダイアモンド・ヒル、世界でも希少価値の毛布状泥炭を含む2000ヘクタールが、国立公園に指定されている。公園内には、手軽にウォーキングが楽しめる、2つのネーチャー・トレイルあり。(30分〜)
    (ビジターセンター 3月中旬〜10月・毎日10:00〜18:30/11月〜3月中旬・毎日10:00〜17:00オープン)

  • カイルモア修道院 (Kylemore Abbey & Garden, Co. Galway)
  • コネマラ地方をハネムーンで訪れ、その美しさに心奪われた富豪が建てた19世紀の大邸宅。湖畔にたたずむその概観だけでも十分美しいが、プライベート・チャペルまで森林浴がてら散歩するのも良い。19世紀のままに復元されたカラフルなビクトリアン・ガーデンも一見の価値あり。(修道院前より、シャトル・バスあり)現在は、敷地・建物共に、ベネディクト派女子修道院の管理下にある。

  • クールパーク (Coole Park, Co. Galway)
  • W.B.イエーツら、アイルランド独立期の作家たちを励まし支えたグレゴリー夫人の屋敷跡地。イエーツが作品執筆にインスピレーションを得た場所には立て看板があり、それをたどりながら、手軽なネーチャー・ウォークが楽しめる。「署名の木」と呼ばれるアカブナの巨木には、グレゴリー夫人を訪ねてきた世界各国の文化人らの名が刻まれている。
    (パーク 通年オープン、ビジターセンター 夏場のみオープン)

  • バリリの塔 (Thoor Ballylee, Co. Galway)
  • アイルランドの国民的詩人 W.B.イエーツが、若き妻と2人の子供と共に住んだ16世紀の城。イエーツの代表作 “The Tower”、”The Winding Stair” は、この地にインスピレーションを得て完成した詩集。内部にはイエーツ関連の展示があり、塔の頂上に上ることも出来る。
    (6〜9月 毎日オープン)

  • キルマクダック修道院 (Kilmacduagh Monastic Site, Co. Galway)
  • 12世紀に建造された高さ34メートルのラウンド・タワー(円塔)がそびえたつ、初期キリスト教修道院跡地。国内に66残るラウンド・タワーの中で、最も高いもの。中心から60センチ傾いてしまっているこのラウンド・タワーは、アイルランドの“斜塔”として知られるユニークなものとして、一見の価値あり。

  • クロンフェアト大聖堂 (Clonfert Cathedral, Co. Galway)
  • 6世紀創立の修道院跡地。のちに聖人に列せられた多くの聖職者が、ここで学んだ。1200年頃に建造された大聖堂は、現在も礼拝が行われている生きた教会堂でもある。入り口アーチ部分の彫刻は、アイリッシュ・ロマネスク様式の最高傑作のひとつとされる。

  • コング村 (Cong, Co. Mayo)
  • 中世には、権威ある修道院コング・アビーを中心として栄えた。近年、ジョン・フォード監督『静かなる男』(1953年)のロケ地として知られ、世界各国からファンが訪れる。映画に登場するパブ “Cohan’s” (本当は雑貨屋)、マーケット・クロス、ライアンズ・ホテル(当時は Curran’s Pub)、出演者が宿泊したアッシュフォード城(現ホテル)などが残る。映画と村の歴史を展示した、わらぶき屋根の小さな博物館あり。

  • ケイジ・フィールズ (Ceide Fields, Co. Mayo)

    紀元前3000年の新石器時代の住居跡地。酸性の泥炭層の中で5000年間眠っていた、家畜の囲い地、陶器、フリントなどが発掘され、この地の石器時代のコミュニティーが高度に発達していたことが明らかになった。海沿いで、景色も良い。
    (ビジターセンター 毎日10:00〜17:00オープン)

  • アキル島 (Achill Island, Co. Mayo)

    本土に継いで2番目に大きな島。本土と橋で結ばれている。「アトランティック・ドライブ」から、スリリングでダイナミックな大西洋の景色を満喫できる。南部にある Carrickkildavnet 城の廃墟は、16世紀にこの地で活躍した海賊の女王グレース・オマーリーの拠点のひとつ。

宿泊

  • アッシュフォード・キャッスル (Ashford Castle, Cong, Co. Mayo)
  • 13世紀から続く由緒ある城。ギネス・ビールのギネス家が所有していたこともある。クリントン元大統領など世界の著名人が宿泊した。湖も含む広大な敷地内では、ボート・クルーズ、ゴルフ、乗馬、釣り、鷹匠のレッスンなど、アクティビティーも充実。

  • エニスコー・ハウス (Enniscoe House, Near Crossmolina, Co Mayo)

    文化財に登録されている、全6室限定の特別なマナー・ハウス。山と湖に囲まれた素晴らしい環境にあり、隣接するコン湖でのマス釣り、周辺のウォーキングにも最適。レストランも定評あり。ブルーブック推奨。  

  • リスドナ・ハウス (Lisdonagh House, Co. Galway)
  • 全10室、プライベートな雰囲気の静かな湖畔の宿。楕円形のエントランスが特徴的な、ジョージ王朝時代のマナー・ハウス。各客室には、アイルランドの芸術家の名が付けられており、スタンダードも高い。お料理も定評あり。ブルーブック推奨。

パブ・レストラン

  • コンロン・シーフード・レストラン (Colon Seafood Restaurant, Eglinton St, Galway City)
  • ゴールウェイ産の新鮮なオイスターが一年中食べられる、カジュアルでリーズナブルなシーフード・レストラン。素材の新鮮さには定評があり、フィッシュ・アンド・チップスも絶品。『世界ウルルン滞在記』(2004年10月31日 TBS系列で放送)でも、紹介された。

  • ティー・コリー (Tis Coili, Main Guard St, Galway City)

    旧市街の真ん中、地元の人々と観光客で賑わう、ギネスのおいしいパブ。ほぼ毎晩、伝統音楽のセッションがあり、有名ミュージシャン、シャロン・シャノンなどがふらっと立ち寄ることも。
     

Guiding Ireland おすすめ・現地発1泊2日 〜 サンプル・プラン

West: Co. Galway, Co. Mayo, Co. Roscommon

10万回のようこそ! ゲールタクト・アラン諸島へ

西部のおすすめアトラクション

Guiding Ireland おすすめ・現地発1泊2日 〜 サンプル・プラン